美容整形まとめブログ

主に2chの美容整形、ダイエット、化粧、健康食など生活に関する情報をまとめたブログです。

    カテゴリ:美肌 > ニキビ

    biyoumetome

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18 03:01:22 ID:to1UNkiS0
    結論だけ書くわ
    1.毎日枕カバーを清潔なものに取り替える
    2.風呂あがりにボディクリームを顔面に塗り塗り
    3.荒れてる部分絶対に触らない

    これだけで長年荒れてた顔面とは数週間でおさらばだ

    【顔面荒れてて汚い奴ちょっと来いwwww】の続きを読む
    ↓美容整形情報ランキング!美容に関する情報がいっぱいです!
      にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ



    ハイドロキノン


    1: 名無しさん@Before→After 2012/11/24(土) 16:45:21.64 ID:GMVCucjA

    気になるシミに、全顔美白、美肌目的等でトレチノインを使っている方。
    皮膚科でオバジ式や東大式、あるいは個人で自己治療etc
    今までにもトレチノインを使ってきた、これから始めてみようかという方、様々な情報を交換いたしましょう。

    病院ではトレチノインと同じビタミンA治療薬でニキビ治療に特化したディフェリンも処方してもらえます。
    あわせて、情報交換しましょう。


    トレチノインについて
    レチノイン酸ともいわれるビタミンA誘導体の外用薬で、
    皮膚のターンオーバーを早めてニキビ・色素沈着や肌質改善に効果を発揮し、
    メラニン色素合成阻害作用があるハイドロキノンと組み合わせることでシミに大きな効果があります。
    また、長期的には表皮・真皮の肥厚、ヒアルロン酸やコラーゲン産生促進、真皮血管新生により肌の若返りをも果たします。
    トレチノインはその反応において炎症・皮剥けが起こります。このときハイドロキノンや日焼け止めを使用しなかった場合、
    炎症性色素沈着を生じてしまい、使用前より肌が汚くなることも起こりえます。
    普通は医師が行うものが一般的ですが、このスレで個人輸入・ 自己責任で行う場合は【必ず】以下の注意書きと参考文献、過去ログを一読して下さい。
    また、トレチノインはビタミンA過剰症による催奇性リスクから【妊娠した女性は使用することができません】。

    ハイドロキノンについて
    メラニン色素合成阻害作用を持つ外用薬で、皮膚のターンオーバーの際に新しいメラニン色素を作らせない効果があります。
    単体では浸透性が弱く、肌のターンオーバーが終わるまで長時間塗り続ける必要がありますが、
    薬剤浸透性向上とターンオーバー促進作用があるトレチノインと組み合わせることでシミや色素沈着に大きな効果があります。
    また、トレチノインの炎症による色素沈着を防ぐためにも併用が必要な薬剤です。
    ハイドロキノンは接触刺激性があり、4%を超える濃度では効果に対して刺激性が大きくなりすぎるという研究結果があります。
    あまりに高濃度すぎるものや塗りすぎには注意しましょう。



    【【シミ】トレチノイン&ハイドロキノン14【ニキビ】】の続きを読む
    ↓美容整形情報ランキング!美容に関する情報がいっぱいです!
      にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ



    このページのトップヘ

    ul class=dd class=